保育士

0歳児向け室内遊び!スズランテープで楽しく遊ぶ方法

0歳児の室内遊びをどうしたらいいか悩んでいませんか?特に0歳児室内遊びでスズランテープを使った手軽で楽しい遊びのアイデアを解説します。

スズランテープは、視覚的にも触覚的にも刺激的な素材で、0歳児にぴったりのアイテムです。以下のようなお悩みはありませんか?

  • 0歳児の室内遊びですぐにできるものが見つからない
  • 雨の日の遊びに困っている
  • 0歳児の五感遊びに適した素材を探している
  • 感触遊びとして何が良いのか分からない
  • スズランテープを使った具体的な遊び方が知りたい

そこで、スズランテープを使ったポンポン遊びなど、すぐにできる0歳児向けの室内遊びを詳しく解説します。さらに、スズランテープ遊びのねらいや、五感を刺激する遊び方も解説し、0歳児の発達をサポートする方法をお伝えします。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
雨の日でも楽しく過ごせるアイデアが満載ですので、ぜひ参考にしてみてください。

0歳児 室内遊びにスズランテープを使った楽しいアイデア

すぐにできる0歳児向けの室内遊び

0歳児向けの室内遊びは、簡単に準備できて短時間で楽しめるものが最適です。これには、日常生活の中で見つけられる身近なアイテムを活用する方法がいくつかあります。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
では、すぐにできる0歳児向けの室内遊びを解説します。

まず、新聞紙を使った遊びは非常に簡単で効果的です。新聞紙を小さく切って丸めるだけで、0歳児にとって新しい感触を楽しむことができます。新聞紙を握ったり、ちぎったりすることで、手の感覚を養うことができます。また、新聞紙を広げてその上で転がったり、踏んだりすることで、全身を使った遊びも可能です。音が出ることで、聴覚の刺激にもなります。

次に、ペットボトルを使ったマラカス遊びもおすすめです。空のペットボトルにビーズや米を入れて、しっかりとキャップを閉めます。これを振ると音が出るので、0歳児は興味を持って遊びます。この遊びは、手先の発達だけでなく、音の違いを楽しむことで聴覚の発達にも役立ちます。キャップが外れないようにしっかりと固定することが重要です。

また、布やタオルを使った遊びも手軽にできます。柔らかい布やタオルを使って、0歳児の体を優しく包み込んだり、顔にかけていないいないばぁをすることで、触覚を刺激しながら親子のコミュニケーションを深めることができます。布を使ってハンカチ遊びや、おばけごっこをすることも楽しいでしょう。

さらに、段ボール箱を使ったトンネル遊びも簡単に実施できます。段ボール箱を開いてトンネルのように設置し、0歳児がハイハイして通ることで運動能力を育てます。段ボールの中にお気に入りのおもちゃを置いて、0歳児が取りに行くように誘導すると、一層楽しさが増します。

このように、0歳児向けの室内遊びは、特別な道具を用意しなくても身近にあるものを使って簡単に楽しむことができます。これらの遊びは、手軽にできるだけでなく、0歳児の五感や運動能力の発達を促す効果もあります。忙しい日常の中でも、少しの工夫で充実した遊び時間を提供することができるでしょう。

スズランテープでポンポン遊びをしよう

スズランテープでポンポン遊びは、0歳児にとって楽しくて安全な遊びの一つです。準備も簡単で、視覚や触覚の刺激になるため、感覚遊びとして非常に有効です。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
では、スズランテープを使ったポンポン遊びの方法とそのメリット、注意点について詳しく説明します。

まず、スズランテープでポンポンを作る準備から始めます。用意するものは、スズランテープとハサミだけです。スズランテープを適当な長さ(約30センチ程度)にカットし、数本まとめて中央を縛ります。その後、両端を細かく裂いていくと、ポンポンの形になります。この作業自体はシンプルで時間もかからないので、すぐに遊びを始めることができます。

ポンポンが完成したら、0歳児と一緒に遊びましょう。ポンポンを手に持たせて振ったり、投げたりすることで、0歳児はそのカラフルでふわふわした感触を楽しむことができます。また、ポンポンを顔の前でゆっくりと動かし、視線を追わせることで視覚の発達も促します。ポンポンを床に落としたり手から手へ渡したりする動作は、0歳児の手先の器用さや目と手の協応を育てる助けとなります。

さらに、ポンポンを使った遊びにはいくつかのバリエーションがあります。例えば、ポンポンを複数用意して、0歳児の周りに散らばせます。0歳児がハイハイしてポンポンを拾い集めることで、運動能力の発達を促します。また、ポンポンを風船にくくりつけて天井から吊るし、0歳児が手を伸ばして触ろうとする遊びも効果的です。このような遊びは、手を伸ばす、つかむといった動作を自然に促します。

ただし、ポンポン遊びをする際にはいくつかの注意点があります。

まず、スズランテープの端が鋭利にならないように気をつけましょう。また、0歳児がテープを口に入れてしまわないように、常に見守ることが重要です。ポンポンのサイズは、誤飲の危険を避けるために、0歳児の口に入らない大きさにすることが大切です。

このように、スズランテープで作るポンポン遊びは、0歳児にとって楽しく安全な遊びです。視覚や触覚の刺激を通じて、0歳児の五感を豊かに育てることができます。準備も簡単で、さまざまなバリエーションを取り入れることで、飽きずに長く楽しめるでしょう。

雨の日に最適なスズランテープ遊び

雨の日は外で遊ぶことができず、室内で過ごす時間が多くなります。そのようなときに、0歳児が楽しめるスズランテープ遊びは最適です。スズランテープは軽くて扱いやすく、視覚的にも楽しいため、0歳児の興味を引きやすい素材です。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
では、雨の日にぴったりのスズランテープを使った遊び方を説明します。

まず、スズランテープを使ったポンポン遊びが簡単で楽しい方法です。スズランテープを適当な長さに切り、何本かまとめて中央をしっかりと結びます。結び目から両端を細かく裂いていくと、カラフルなポンポンが出来上がります。このポンポンを0歳児に持たせたり、振ったり、転がしたりすることで、視覚や触覚の刺激になります。また、ポンポンを床に転がして追いかけさせることで、ハイハイの練習にもなります。

次に、スズランテープを使ったカーテン遊びもおすすめです。スズランテープを天井や高い場所に垂らして、カーテンのようにします。0歳児はこのカーテンの下をハイハイでくぐったり、手で触ったりすることで、感触の違いや動きの楽しさを体験できます。カラフルなスズランテープが揺れる様子は視覚的にも楽しく、0歳児の好奇心を引き出します。

また、スズランテープを使った宝探しゲームも楽しい方法です。スズランテープを細かく切り、いろいろな色のテープを混ぜて箱や籠に入れます。その中に小さなおもちゃやボールを隠しておき、0歳児が手を使って探し出す遊びです。このゲームは手先の器用さを育てるとともに、視覚と触覚の発達にも役立ちます。0歳児が見つけたときの喜びを一緒に共有することで、親子の絆も深まります。

このように、雨の日に最適なスズランテープ遊びは多様な方法があります。準備も簡単で、特別な道具を必要としないため、すぐに取り組むことができます。また、遊びの中で0歳児の五感を刺激し、発達を促すことができます。ぜひ、雨の日の室内遊びにスズランテープを取り入れて、0歳児と楽しい時間を過ごしてください。

0歳児向けのスズランテープ遊びのねらい

0歳児向けのスズランテープ遊びには、さまざまな発達を促すねらいがあります。スズランテープは軽くて扱いやすく、0歳児が安全に遊べる素材です。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
では、スズランテープ遊びを通じて得られる具体的な効果とねらいについて詳しく解説します。

まず、スズランテープ遊びの大きなねらいの一つは、感触遊びによる触覚の発達です。スズランテープは柔らかくて滑らかな触り心地で、0歳児が手で握ったり、触ったりすることでさまざまな感触を体験できます。この触覚の刺激は、0歳児の脳の発達に重要な役割を果たします。また、指先の感覚が鋭くなることで、将来的な手先の器用さにもつながります。

次に、視覚の発達もスズランテープ遊びの重要なねらいです。スズランテープはカラフルで、光を反射するため、0歳児の注意を引きやすい素材です。ポンポンにして揺らしたり、カーテンのように垂らしたりすることで、0歳児は視覚的な変化を楽しむことができます。これにより、視線を追う能力や色彩認識能力が向上します。

さらに、スズランテープ遊びは運動能力の発達にも寄与します。例えば、スズランテープのポンポンを追いかけることで、ハイハイや歩行の練習になります。また、カーテンをくぐったり、手で触ったりすることで、全身の動きを使った遊びができます。これにより、筋力の発達やバランス感覚の向上が期待できます。

加えて、スズランテープ遊びは親子のコミュニケーションを深める効果もあります。親が一緒に遊び、笑顔で接することで、0歳児は安心感を得ることができます。また、遊びの中で親が語りかけることで、言語発達の基礎が築かれます。例えば、「ポンポンを持ってみよう」「ここをくぐってごらん」といったシンプルな指示を通じて、0歳児は言葉の意味を理解し始めます。

最後に、安全性も忘れてはいけないポイントです。

スズランテープは柔らかい素材で、0歳児が触っても安全ですが、口に入れてしまう危険性もあるため、常に親が見守ることが重要です。また、長時間遊び続けないようにし、適度な休憩を入れることで、0歳児が疲れすぎないように配慮することも大切です。

以上のように、0歳児向けのスズランテープ遊びは、触覚、視覚、運動能力、言語発達など多岐にわたる効果を持っています。これらのねらいを理解した上で、安全に配慮しながら楽しく遊ぶことで、0歳児の健やかな成長をサポートすることができます。

五感を刺激するスズランテープ遊び

スズランテープ遊びは、0歳児の五感を刺激する素晴らしい方法です。この遊びは、視覚、触覚、聴覚、そして場合によっては嗅覚や味覚も刺激することで、0歳児の全体的な感覚発達に寄与します。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
では、スズランテープ遊びがどのように五感を刺激するかを詳しく説明します。

まず、視覚への刺激についてです。スズランテープはカラフルで、光を反射する性質があります。これにより、0歳児の目を引きつけることができます。例えば、スズランテープを風に揺らすと、0歳児はその動きに視線を追うことになります。これにより、視覚追跡能力が鍛えられ、色彩認識や動く物体を捉える力が向上します。また、異なる色のスズランテープを使うことで、色の違いを学ぶこともできます。

次に、触覚への刺激です。スズランテープは手で触れると滑らかで冷たい感触があります。0歳児がスズランテープを握ったり、引っ張ったりすることで、手のひらや指先の感覚が発達します。特に、スズランテープを裂くときの感触は独特で、0歳児の触覚をさらに刺激します。触覚の発達は、手先の器用さや物を正確に操作する能力に直結します。

聴覚への刺激も見逃せません。スズランテープを振ると、シャラシャラと軽やかな音がします。この音は0歳児にとって新鮮で興味深いものです。スズランテープを使って音を出す遊びを通じて、0歳児は音の原因と結果を学びます。例えば、スズランテープを揺らすと音がすることを理解し、その動きを繰り返すことで因果関係を認識します。

さらに、スズランテープ遊びは、嗅覚や味覚を刺激することもできます。もちろん、スズランテープ自体に強い匂いや味はありませんが、他の感覚と組み合わせることで総合的な感覚体験を提供できます。例えば、スズランテープと一緒に香りのついた物を使ったり、遊びの後におやつを楽しんだりすることで、嗅覚や味覚の刺激も加えることができます。

このように、スズランテープ遊びは0歳児の五感をバランスよく刺激します。これにより、0歳児は感覚の統合を学び、世界をより深く理解するための基礎を築きます。スズランテープ遊びを通じて、0歳児の感覚発達を楽しくサポートしましょう。

感触遊びとしてのスズランテープの使い方

スズランテープは感触遊びに最適な素材であり、0歳児が触覚を楽しみながら発達させるための素晴らしい道具です。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
では、感触遊びとしてのスズランテープの具体的な使い方とその効果について詳しく説明します。

まず、スズランテープの特徴を活かした基本的な使い方から紹介します。スズランテープを適当な長さに切り、0歳児に持たせるだけで、その軽くて滑らかな感触を楽しむことができます。0歳児は自然とスズランテープを握ったり、引っ張ったりするので、その感覚が手のひらや指先に伝わります。これにより、触覚の発達が促されます。

さらに、スズランテープを使った裂き遊びも効果的です。スズランテープを細長く切っておき、0歳児に引っ張らせて裂かせることで、手の力を養うとともに、裂く感覚を体験させます。この遊びは、指先の力加減を学ぶ良い機会となり、将来的な手先の器用さにもつながります。また、裂いたスズランテープをまとめてポンポンにすることで、新たな感触を楽しむことができます。

スズランテープを使ったカーテン遊びもおすすめです。スズランテープを垂らして、0歳児がそれをくぐったり触ったりすることで、全身を使った感触遊びができます。スズランテープが顔や手に触れる感覚は、0歳児にとって新鮮で興味深いものです。さらに、カラフルなスズランテープが揺れる様子を見て楽しむことで、視覚的な刺激も得られます。

感触遊びとしてのスズランテープの使い方のもう一つの方法は、テープの束を作って0歳児に与えることです。スズランテープを何本か束ねて、0歳児がそれを握ったり、引っ張ったりすることで、多様な触感を体験させます。この遊びは、手全体を使った感触の体験を通じて、触覚の敏感さを養います。また、スズランテープの束を揺らして遊ぶことで、聴覚の刺激も同時に得ることができます。

これらの遊びを通じて、0歳児はさまざまな感覚を統合的に経験します。触覚だけでなく、視覚や聴覚の刺激も同時に得られるため、総合的な感覚発達が促されます。また、スズランテープは安全性が高く、柔らかい素材なので、0歳児が遊ぶ際にも安心です。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
感触遊びとしてのスズランテープの使い方は多岐にわたりますが、どの方法でも0歳児の感覚発達に大いに役立ちます。ぜひ、これらの遊びを取り入れて、0歳児との楽しい時間を過ごしてください。
保育士のためのお得情報

\登録無料!お給料が一気にアップするかも?/

キララサポート保育の公式サイトはコチラ

0歳児 室内遊びにスズランテープを取り入れるメリット

感覚遊びを広げるスズランテープの活用法

スズランテープは、その軽くて柔らかい特性を活かして、感覚遊びを広げるための多様な方法で活用できます。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
0歳児の発達を促すために、スズランテープを使ったさまざまな遊びを解説します。

まず、スズランテープを使った「色遊び」です。スズランテープは色とりどりの種類があり、視覚的な刺激を与えるのに最適です。複数の色のスズランテープを使って、お部屋をカラフルに飾ることで、0歳児はその色彩の変化を楽しむことができます。また、色の違いを学ぶきっかけにもなります。例えば、赤、青、黄色など基本的な色のスズランテープを見せながら、「これは赤だよ、これは青だよ」と声をかけることで、0歳児は色の名前を覚えることができます。

次に、スズランテープを使った「触覚遊び」です。スズランテープを手で触ったり、引っ張ったり、ちぎったりすることで、0歳児の触覚を刺激することができます。特に、スズランテープを裂く感覚は独特で、0歳児に新しい触覚体験を提供します。スズランテープを小さく切って手渡すと、0歳児はその滑らかな感触を楽しみます。また、スズランテープをまとめてボール状にして握らせることで、異なる触感を体験させることができます。

聴覚の刺激にもスズランテープは効果的です。スズランテープを揺らしたり、振ったりすることで、シャラシャラとした軽やかな音がします。この音は0歳児の注意を引き、聴覚を発達させるのに役立ちます。0歳児にスズランテープを振らせて、その音を楽しむことで、因果関係を学び、音への興味を育てます。

また、スズランテープを使った「運動遊び」もおすすめです。スズランテープをお部屋に垂らして、0歳児がくぐったり、触ったりすることで、全身を使った運動遊びができます。スズランテープのカーテンのような構造を作り、0歳児がそれを通り抜けることで、体のバランスを取りながら遊ぶことができます。これにより、運動能力の向上と同時に、触覚や視覚の刺激も得られます。

このように、スズランテープを使った感覚遊びは多岐にわたります。視覚、触覚、聴覚、運動の各方面から0歳児の発達をサポートすることができるため、スズランテープを使った遊びを日常の中に取り入れることをおすすめします。

0歳児におすすめのスズランテープ遊びアイデア

0歳児の0歳児にとって、スズランテープを使った遊びは多くのメリットがあります。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
では、0歳児におすすめのスズランテープ遊びのアイデアを具体的に解説します。

まず、「スズランテープのポンポン遊び」です。これは簡単に準備できる遊びで、スズランテープを適当な長さに切り、束ねてポンポンを作ります。ポンポンを0歳児に手渡すと、そのふわふわした感触を楽しむことができます。0歳児がポンポンを握ったり、振ったりすることで、手の感覚を養うことができます。また、ポンポンを使って「ポンポンキャッチ」遊びも可能です。ポンポンを0歳児の手の届く範囲で軽く投げて、キャッチさせることで、手と目の協調性を育てることができます。

次に、「スズランテープのカーテン遊び」です。スズランテープを天井や高い位置に固定し、カーテンのように垂らします。0歳児はこのカーテンの下をくぐったり、触ったりすることができます。カラフルなスズランテープが揺れる様子を見ながら、その感触を楽しむことができるため、視覚と触覚の両方を刺激することができます。さらに、スズランテープをカーテン状にすることで、0歳児の探検心を刺激し、自分で動き回る楽しさを体験させることができます。

スズランテープの色分け遊び」もおすすめです。異なる色のスズランテープを用意し、それぞれの色を0歳児に見せながら、「これは赤、これは青」と声をかけます。0歳児が色を認識しやすくなるように、スズランテープを広げたり、丸めたりしながら遊ぶと効果的です。色分け遊びを通じて、0歳児は色の違いを学び、視覚的な認識力を高めることができます。

また、「スズランテープの引っ張り遊び」も楽しい遊びの一つです。スズランテープを長く切り、0歳児が自由に引っ張れるようにします。スズランテープを引っ張ることで、手の力を養うことができますし、テープが引っ張られる感覚を楽しむことができます。引っ張ったときの音や動きも0歳児にとって新しい発見となります。

これらのスズランテープ遊びは、0歳児の感覚発達をサポートするだけでなく、安全で簡単に準備できる点が魅力です。ぜひ、日常の中で取り入れて、0歳児との楽しい時間を過ごしてください。

カラフルなスズランテープを使った遊び

カラフルなスズランテープを使った遊びは、視覚的な刺激を提供しながら、子どもたちの想像力と創造力を引き出す素晴らしい方法です。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
スズランテープの鮮やかな色合いと柔らかい質感を利用して、さまざまな遊びを通じて楽しく学ぶことができます。

まず、「スズランテープのトンネル遊び」です。カラフルなスズランテープを床から椅子やテーブルにかけて、トンネルのような構造を作ります。子どもたちはこのトンネルをくぐり抜けたり、トンネルの中で遊んだりすることができます。視覚的に鮮やかなトンネルは、子どもたちの興味を引き、トンネルをくぐることで体の使い方やバランス感覚も養われます。また、友達と一緒に遊ぶことで、コミュニケーション能力の向上にもつながります。

次に、「スズランテープのウェーブ遊び」です。床にスズランテープを蛇行させて貼り付け、子どもたちがその上を歩いたり、這ったりして進む遊びです。ウェーブの形状は子どもたちのバランス感覚を試すとともに、足の裏の感覚も刺激します。また、ウェーブを歩くことで、手と足の協調性も向上します。テープの色を変えておくと、視覚的にも楽しく、色の認識力も養うことができます。

さらに、「スズランテープのアートパネル作り」もおすすめです。大きな紙や段ボールを用意し、カラフルなスズランテープを自由に貼り付けてアートパネルを作ります。子どもたちは、テープを切ったり、貼ったりしながら、自分だけのアート作品を作り上げます。この活動は、手先の器用さを養うとともに、創造力と表現力を育む場として非常に有益です。完成したアートパネルは、お部屋のインテリアとして飾ることができ、子どもたちの達成感を高めます。

また、「スズランテープのネックレス作り」も楽しい遊びの一つです。スズランテープを適当な長さに切り、子どもたちに好きな色を選ばせます。選んだテープを織り交ぜながら結び、オリジナルのネックレスを作ります。この活動を通じて、手先の細かい動きを鍛え、完成したネックレスを身につけることで、自信と満足感を得ることができます。友達と交換したり、プレゼントしたりすることで、社交性も育まれます。

このように、カラフルなスズランテープを使った遊びは、視覚的な楽しみだけでなく、触覚や運動能力の発達にも効果的です。日常の遊びの中に取り入れることで、子どもたちの発達を楽しくサポートすることができます。

制作遊びでスズランテープを楽しむ工夫

スズランテープを使った制作遊びは、創造力と手先の器用さを育むために非常に有効です。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
では、スズランテープを使った制作遊びの具体的な工夫を解説します。

まず、簡単にできる「スズランテープのブレスレット作り」です。異なる色のスズランテープを用意し、子どもたちに好きな色を選ばせます。選んだテープを適当な長さに切り、端を結んで輪にします。これでカラフルなブレスレットが完成です。子どもたちは自分で選んだ色やデザインのブレスレットを身につけることで、自信と達成感を感じることができます。また、友達と交換して遊ぶこともでき、コミュニケーション能力の向上にもつながります。

次に、「スズランテープのコラージュアート」です。大きな紙や段ボールをキャンバスにして、子どもたちにスズランテープを自由に貼り付けさせます。テープを切ったり、重ねたりしながら、オリジナルのアート作品を作り上げることができます。この活動は、子どもたちの創造力を刺激するだけでなく、手先の器用さを鍛えるのにも役立ちます。完成した作品は、保育室の壁に飾ると、子どもたちの達成感を高めることができます。

スズランテープの旗作り」もおすすめです。スズランテープを短く切り、竹串やストローに貼り付けて旗を作ります。子どもたちは、自分の好きな色や模様を使ってデザインを考え、オリジナルの旗を作ることができます。この活動は、デザインのセンスを磨くとともに、手先の細かい動きを訓練するのに適しています。完成した旗は、誕生日会やイベントで使うことができ、子どもたちにとって特別な思い出になります。

また、「スズランテープの動物作り」も楽しい制作遊びです。スズランテープを使って、動物の形を作ります。例えば、茶色のスズランテープを使って熊の形を作ったり、黄色のスズランテープを使ってライオンのたてがみを作ったりします。子どもたちは、動物の形を考えながら、スズランテープを切ったり、貼り合わせたりしていきます。この活動を通じて、想像力を豊かにするだけでなく、細かい手作業を楽しむことができます。

このように、スズランテープを使った制作遊びは、多くの可能性を秘めています。さまざまな工夫を凝らして、子どもたちの創造力を引き出し、楽しみながら学べる環境を提供しましょう。制作遊びを通じて得られる達成感や喜びは、子どもたちの成長にとって貴重な経験となります。

ABOUT ME
保育心理士ユウ
これまで延べ500名以上の子どもの成長や保護者の支援をしてきました。 「こどものしあわせはみんなのしあわせ」をモットーに日々、保育士を応援し、育児中の保護者支援をしています!
1000人以上の保育士を育てた現役保育心理士がおすすめする転職サイト

保育士転職のキララサポートは、丁寧な面談と手厚いサポートで、非公開求人を含む5000件以上の求人から、一人ひとりにぴったりの職場を探すお手伝いをしてくれます。

しかも、転職先とのやり取りは、専任コンサルタントが代行してくれます!あなたが忙しく保育園で働いている間に、交渉してくれるので、転職活動に時間がさけない人におすすめです。

また、無料登録後の連絡は、LINE、メール、お電話、対面などから、あなたの好きなタイプを選ぶことが可能です。

選考対策も実施してくれるので、履歴書・面接に不安がある保育士さんには、ピッタリの転職サービスです。

参考▶︎情報収集だけの目的で登録OK!キララサポート保育士で周りの保育士がどれだけ高待遇なのか確認してみませんか?

キララサポート保育の公式サイトはコチラ

 

「ほいく畑」は、厚生労働大臣認可のサービスで安心して使えます。

厚生労働大臣認可の就業支援センターである「ほいく畑」は、福祉専門の人材会社としては老舗。長年の実績が認められ、大阪市など公的機関からの保育士支援事業などの実績もあるサービスです。

少数精鋭のキャリアアドバイザーがあなたの相談に乗ってくれます。競合大手エージェントと比較すると、より丁寧で、きめ細かいサポートをしてくれます。

地域密着型で対応しているエリアも全国です。よくある3エリア(関東・関西・東海)に特化しているサービスとは違い、あなたの住んでいる地域もカバーしています。

そのため、ほいく畑としか取引していないエリアのレア求人もあるため、該当地域に住んでいる保育士さんなら、登録して情報収集するだけでもかなりお得です。

参考▶︎思い立ったら行動しよう!情報収集だけでもOK!今年こそほいく畑で安心安全なキャリアアップをしませんか?

ほいく畑の公式サイトはコチラをタップ