保育士

【保育園卒園式】園長の挨拶の例文や書き方は?書き出しや結びのポイントを徹底的に解説!


スポンサーリンク

こんにちは!

保育士心理士のユウです。

たくさんの思い出の詰まった保育園での、最後の行事となる卒園式

卒園証書の授与や記念品贈呈など、様々なことを行いますが、必ずあるのが園長先生からの挨拶だと思います。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
実際の式では、書いたものを読み上げることができますが、そもそもその挨拶文の書き方に悩んでしまう人も多いのではないでしょうか!
お姉さん
お姉さん
書き出しはどんなふうにしたらよいのか、長さはどのくらいだとよいのかなど、考え出すとキリがありませんね!

今回は、例文を紹介しながら、意識するポイントや書き出しと結びについての解説をしていきますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

保育園卒園式で園長の挨拶の例文は?

保育園 卒園式
保育園の中で最年長の子ども達とはいっても、卒園式の主役は、まだまだ小さな子どもです。

そのため、長くなり過ぎない言葉の中で、お祝いや感謝の言葉を伝えなければいけません。

ここでは、例文を紹介しますので、目を通してみてください。

<例文>
「年長組の皆さん、ご卒園おめでとうございます。

今日で、○○保育園ともお別れです。

保育園は、楽しかったですか?

最初は、たくさん泣いたりできないことがあったりしたけれど、段々一人でできることが増えて、お友だちもいっぱいできましたね。

そして、今では、小さなお友だちを助けてくれる、優しくてかっこいい、立派なお兄さん・お姉さんになりました。

皆で力を合わせて頑張ったこと、たくさんの楽しかったことを忘れないで、小学校に行っても元気に過ごしてくださいね。

園長先生は、皆のことをいつでも応援しています。

それでは、お父さん・お母さんにも少しお話をするので、お友だちは少し待っていてください。

保護者の皆様、お子様のご卒園、誠におめでとうございます。

ご来賓の皆様、ご多忙の中、○○保育園の卒園式にご臨席いただきまして、心より御礼申し上げます。

あんなに小さかった子ども達も、たくさんの経験や思い出を通して、日々逞しく成長し、本日、卒園の日を迎えました。

子ども達は、これから小学校へと進んでいきますが、○○保育園で過ごした日々を糧に、それぞれの能力を十分に発揮し、小学校生活を仲間と共に、楽しんでほしいと思います。

しかし、時には困難にぶつかることもあるでしょう。

子ども達は、辛抱強く頑張ることも学びましたので、どうか温かく見守ってあげてください。

そして、それでも悔しい思いをしたときには、保護者の皆様が、頑張りを認めてあげてください。

それが、きっと子ども達のその後の力になるはずです。

子ども達の成長を、温かく見守り、支えていただけますと幸いです。

最後になりましたが、これまで、保育園運営にご理解・ご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。

皆様のお力があってこそ、子ども達はこうして、大きく立派に成長してくれたことと思います。

お子様と保護者の皆様の益々のご活躍とご健康をお祈りし、園長の挨拶とさせていただきます。

本日は、誠におめでとうございます。」

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
園長挨拶の基本的な流れは、≪書き出しの言葉→卒園児に向けて→保護者に向けて→締め≫ になりますので、それぞれに何を伝えたいのかということを吟味して書いてみてくださいね!

◆参考◆卒園式の飾りつけ決定版!をチェックする

スポンサーリンク

保育園卒園式で園長の挨拶の書き方は楽しかった思い出を具体的に入れる!

卒園式
園長の挨拶を考えるうえでは、いくつかのポイントがありますので、そこを押さえて考えるようにしましょう。

まず、園児と保護者へのお祝いの言葉を入れることは、大前提となります。

卒園を祝う気持ちを、それぞれに丁寧に伝えてください。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
子ども達に向けた言葉には、保育園での楽しかった思い出や成長した姿などを盛り込み、これまでのことを振り返って共感することができる内容にしていくと良いでしょう!
新人保育士
新人保育士
保護者への言葉には、ここまでの育児へのねぎらいと、保育園の運営を支えてくれたことに関する感謝の気持ちを組み込んでいきたいですね!

また、卒園という節目では、子ども達の成長を感じる喜びが大きいですが、同時に小学校への不安もあるはずです。

子ども達には、小学校に入学することへの期待と保護者には、今後へと希望を持つことができる言葉を伝えていけるといいですね。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
子ども達の成長を具体的に伝えたり、卒園後も繋がりが切れてしまうわけではないことを伝えたりと、安心して卒園できるような言葉を選びましょう!

これらのことに気を付けながら、子ども達が苦にならない長さに纏め、文章を構成していってください。

スポンサーリンク

保育園卒園式で園長の挨拶の書き出しや結びのポイントは型を手本に微調整が簡単!

保育園 卒園式 園長 挨拶
挨拶では、書き出し結びも、大方決まった形があります。

多少、園によって構成が異なるかもしれませんが、参考にしてみてください。

【書き出し】
書き出しで必ず入れなくてはいけないことは、『お祝いの言葉』です。

特に、卒園児に対しては、必ず書き出しにお祝いの言葉を入れましょう。

保護者に対してのお祝いの言葉は、最初に園児へのお祝いとまとめて入れる場合と、保護者へのメッセージに切り替わる部分で入れる場合とがあるかと思いますので、文章構成に合ったところへ組み込んでください。

保育園の雰囲気によっては、文頭に季節の挨拶を少し入れても良いでしょう。

【結び】
挨拶を締めくくる結びの部分では、卒園後の希望や期待につながる言葉を盛り込みましょう。

今後の幸せや健康、活躍を願う言葉でも良いですね。

それらの言葉と「園長の挨拶とさせていただきます」という言葉とを上手く繋げ、締めの言葉としてください。

もしも、卒園時の来援が許可されている保育園でしたら、「またいつでも遊びに来てくださいね」と伝えてあげるのも良いでしょう。

保育園が、いつでも帰ってこられる場所であることを伝えれば、きっと子ども達も保護者も安心しますよ。

保育園の卒園式で園長の挨拶はポイントを押さえれば、スラスラ書ける!

卒園式

大勢の前での挨拶となると、緊張も高まることでしょう。

しかし、定型文のようなものもありますので、下のポイントを押さえながら、落ち着いて考えていきましょうね。

・伝えたいことを厳選して長くなり過ぎないようにする
・挨拶文に必ず入れるのは『お祝いの言葉』と『未来への安心感を持てる言葉』
・子どもの成長を振り返ることのできるような挨拶文
・『園児へのお祝いの言葉』で始まり『卒園後への期待』で終わる

子ども達の門出を祝う大切な式典です。

たくさんの思いを込めて、子ども達や保護者に伝えてあげてください。

保育園入園式 園長 挨拶 文例 書き方
【保育園入園式】園長の挨拶の文例や書き方は?書き出しや結びのポイントを徹底的に解説!こんにちは! 保育心理士のユウです。 期待と不安を胸に、子ども達が保育園で初めて迎えるものといえば、入園式ですよね。 ...

スポンサーリンク