保育士

保育士を辞めたい50代の不安をスッキリ解消!辞めるまでのステップと50代でも雇ってくれる保育園の探し方

50代にもなってくると、保育士の仕事が体力的にもきつくなりますよね。

でも、転職したいけれど子供と触れ合う仕事には就きたい気持ちもあったり、、、

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
そんな簡単に転職することも難しい50代という年齢になり、悩んでいるあなたへ。

さまざまな悩みをスッキリと解消し、50代でも雇ってもらえる保育園や転職先の探し方について、詳細をまとめましたのでチェックして行きましょう!

保育士を辞めたい50代に不安が多い理由

保育士の仕事とは、子供たちといろんな場面でたくさん関わり過ごします。また、触れ合いや座学など、さまざまなことを通して成長のサポートをしていきます。

時には叱ることがあったり、初めて達成できたことや全力でぶつかって頑張ったことには心の底が喜んで称えてあげます。

主任保育士
主任保育士
そんな中で、子供たちと先生の間に絆が生まれ、双方ともに達成感や幸福感が生まれてきますよね!

また、保育士として働くことに年齢制限はほとんど関係ないため、定年まで長く働き続けることができます。

それから、これまでの人生経験なども活かしながら、30~40代の時と変わらずに活躍することももちろん可能です。

考えれば考えるほど、保育士の仕事にはたくさんの魅力が詰まっていますね。

しかし、20代30代40代、、、と年齢が上がってくると、体力的にも精神的にも疲れが溜まってきます

保育士は魅力的な仕事だからと、と思ってはいても、それだけでは勤まらなくなることもだんだんと増えてきます。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
それに、50代になってくると、若かった20~30代の時よりも人件費が多くかかってしまいます。これも、転職する上で悩みたくなる問題の1つでしょう。

そして定年が近いことから、実際に働くことができる期間も短くなってくるため、それによって転職の難易度は高くなってしまいます。

そうなってくると、保育士を辞めたいと感じることも日に日に増してきてしまい、簡単に辞めることができなくなります。

それから、今後どうするべきなのか、どのようにしたら気持ち良く辞められるのかなど考えることが増すばかり

今後保育士を辞めて違う職に就くべきなのかも、転職を考えるべきなのかも、不安でたまらないですよね。

簡単に続けているように見えても、これまでにたくさんの経験をしているからこそ、苦労や不安が一気に押し寄せてくるものなのです。

50代から保育士の仕事はきついとの声が多い

50代から保育士の仕事はきついのかどうかについてお話しすると、現実的に考えていけば厳しくなってくるでしょう。そもそも、体力的な面で考えた時に、年齢を重ねるにつれてきついと感じる場面が増えてきているのは、あなた自身がお気づきですよね?

例えば、泣いてしまった子供を抱っこしなければいけなくなった時、炎天下で子供たちと一緒に体を動かしたりする時などありますよね?

さまざまな場面において、若い時には身軽に動けていたことでも、50代ともなるとだんだんときついなと感じてくることが増えてきます

それから、体力的な面だけではなく、若い年齢の先生たちが増えてくることによって、考え方の違いも出てきます。

昔だとたくさんお友達と遊ぶ中で怪我をしてきて当たり前だったはずの考え方が、現在では少し怪我をするだけで、双方の保護者へ連絡しないといけなかったり。

怪我の程度や保護者の捉え方によっては、裁判など起こすケースだってもちろんあります。

そんな風に、親からきつい意見を言われたりすることが増えたり、さまざまなストレスが重なってつらいと感じることも増えます。

あなた自身が大丈夫だと感じていても、年齢や時代には勝てないこと、世の中にはたくさんありますよね。

保育士を辞めたい50代|おすすめの転職方法は4つ

保育士の仕事を辞めたいけれど、なかなかうまくいかない。

そんな時に考えたいのが転職ですよね。

そこで、50代の保育士が転職する際に、おすすめの転職方法についてもまとめました!

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
4つの転職方法について、チェックして行きましょう。

転職方法①別の保育園に変える

保育士の仕事から転職するパターンで非常に多いのが、別の保育園へ転職することです。これまでの経験やスキルなどをそのまま活かせるといった利点もあります。

やはり事情なども知れるため、知り合いの保育士からの紹介が1番多いようです。

主任保育士
主任保育士
今までと違った職業へ転職せず、同じく保育士を続けられる方は多く見られます。

しかし、働く時間や雇用形態については、今までよりも時間を短縮したり、出勤日数を減らしていただきながら対応してもらっているようです。

また、ご存知かもしれませんが、保育士の有効求人倍率は非常に高いため、求人を出しているところであれば、50代の保育士でも働ける場所はたくさんあります

保育園への転職時期については、4月に行われることが多いため、それに伴い1月くらいになると求人数がピークを迎えてきます。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
いろんな情報を得たり、条件などについてもしっかりと分析しながら求人を探したいですよね?それであれば、有効求人倍率が最も高くなる1月前後がおすすめです。

しかし、もちろん1月前後がおすすめなんですが、1年を通して最も有効求人倍率が低くなる5月でも、求人倍率は2倍程度あります。

なので、時期を考えすぎてしんどくならないように、どの時期でも求人を見つけられることは念頭に置いておいてください。

あくまでもあなた自身のタイミングで探せることが1番です。くれぐれも参考程度に考えていただき、無理をなさらないようにしてくださいね!

転職方法②転職エージェントを活用する

転職するにあたって他の保育園に転職を考えているのであれば、注意が必要です。

保育園の求人は多いのですが、保育園によっては労働環境や雰囲気などはさまざまで、異なってきます。

あなた自身の力で、数ある保育園求人の中から希望する環境や雇用形態、園の雰囲気などを見極めなければいけなくなります

しかし、働いたことなければ知り合いもいないというようなそんな園の情報なんて、働いてみて後悔するパターンも非常に多いです。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
そこでおすすめしたいのが、保育士に特化した転職エージェントを活用することです。

エージェント=代理人のことを指します。あなたが転職するために、専任のアドバイザーがついてくださり、転職活動のサポートをしてくれます。

事前に働きたい保育園の要望や希望、その他にも相談したいことがある場合は、メモしておきましょう!それらをエージェントに伝えておくと、その条件に合った求人を紹介してくれます。

転職エージェントはその他にも、面接日時のセッティングや給料などの交渉、履歴書や面接の添削、保育園の情報提供などのサービスを提供してくれます。

ここまでしてくれるのに、費用は無料

なので、コストを抑えることができるため利用される方が多いのも特徴です。

また、在職中であっても転職エージェントを利用することが可能なので、仕事をしながら次に働く保育園を見つけられます。

主任保育士
主任保育士
転職先が決まれば離職準備へと移ることが可能なので、焦らずスムーズに転職へと事を進めることができます。

そして、保育園の保育方針や労働環境などについての情報は、求人情報を見つけて目星をつけていたら知ることができます。

ただ、実際の職場の人間関係や雰囲気、そして働き方などの細かい情報は働いてみないと分からないことだらけですよね。

そんな時でも、転職エージェントを利用していれば、しっかりと事前に情報収集できます

あとから「もっと調べておけば良かった」なんて思うことは確実になくなるでしょう!

転職方法③ハローワークを活用する

どこの地域でも誰でも利用することのできるハローワーク。

ハローワークを通して求人を探すことも、転職する上で円滑に進められる方法の1つです。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
ハローワークは国が運営しているため、補助金での各種申請が充実していたり、紹介状を書いてもらえたりなどの利点もたくさんあります。

しかし、保育の求人が少なかったり、求人票だけでは保育園の雰囲気などを知ることができなかったりしますよね?

そのため、ハローワークで求人を探す時は、出来るだけあなた自身でも働きたい保育園について調べる必要があります

ハローワークでの利点はたくさんあるのですが。

50代で働く上で、あなたにとって雰囲気や人間関係なども大切になってくることでしょうから、うまく見極められると良いですよね!

転職方法④ベビーシッターをする

ここ最近、保育士の転職先として増えつつあるのがベビーシッターです。

ベビーシッターになるために、必要な資格や学歴などは特になく、保育士の資格がなくても就ける職業です。

主任保育士
主任保育士
とは言え、ベビーシッターを利用する保護者からすれば、我が子が楽しく安全に過ごせるようにと願って預けることになります。

そう考えると、無資格者に我が子を預けるよりも、保育士の資格を持っているあなたのような方に預けたいのが本音です

また、会社によってさまざまですが、保育士の資格を持っている従業員に対して手当を出している会社も増えてきています。

それから、ベビーシッターは保育園とは違って少人数体制となります。なので、気になる人間関係や職場の雰囲気などについては、気にせず仕事が捗るなど、プラスの意見が多く見られます。

それから、ベビーシッターを利用する側は、若い20~30代の未経験者に預けるよりも、50代くらいの経験者に預ける方が安心して利用できるとの意見も多く寄せられています

50代で保育士の資格を持っていて、保育園を辞めて別の職業を探すのであれば、ベビーシッターに転職してみるのも、転職方法としてはおすすめです。

50代でも雇ってくれる保育園の探し方

このように、さまざまな転職方法があります。

ですが、注意したいことは、50代の保育士の転職では、これまでの経験が生かせない分野への転職は現実的に厳しくなってくるでしょう。

それに、そもそも50代が企業に求められることとは、高いレベルの専門性であったり、マネジメント、豊富な経験などが挙げられます。

ただ、キャリアの中で職員をまとめる管理職などの経験があれば、マネジメントについては一定の評価を得られるかもしれません。

ですが、職種の経験がある程度なければ、転職に有利になるまでには至らないことが多いです

どうしても他にやりたい仕事があるなら強くは進めません。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
しかし、そうでないのであれば、保育士のキャリアを存分に活かすことができるような職業に就くことが大切ですね。

それから、子育て関連の職業をさまざまな方法で探し見つけた上で、50代として新たなスタートを切ることをおすすめしたいです!

保育士を辞めたい50代の不安をスッキリ解消するなら転職してみるのも一つの手

保育士を辞めたい50代の方は、やっぱり不安が多いですよね。

しかし、そんな不安をスッキリ解消するなら、今までのスキルを活かせる仕事に転職してみるのも一つの手です。

50代は、新しいことに挑戦することを不安に思ってしまう年齢だと思います。

主任保育士
主任保育士
ですが、幾つであっても新しい一歩を踏み出すことで、保育士人生をまた一つレベルアップさせることもできます。

50代の不安を抱えている保育士の方は、ぜひ転職も視野に入れて、自分の能力を発揮できる場所で輝いてみてくださいね。

1000人以上の保育士を育てた現役保育心理士がおすすめする転職サイト

保育士転職のキララサポートは、丁寧な面談と手厚いサポートで、非公開求人を含む5000件以上の求人から、一人ひとりにぴったりの職場を探すお手伝いをしてくれます。

しかも、転職先とのやり取りは、専任コンサルタントが代行してくれます!あなたが忙しく保育園で働いている間に、交渉してくれるので、転職活動に時間がさけない人におすすめです。

また、無料登録後の連絡は、LINE、メール、お電話、対面などから、あなたの好きなタイプを選ぶことが可能です。

選考対策も実施してくれるので、履歴書・面接に不安がある保育士さんには、ピッタリの転職サービスです。

キララサポート保育の公式サイトはコチラをタップ

 

キャリサポ保育は、少数精鋭のキャリアアドバイザーがあなたの相談に乗ってくれます。競合大手エージェントと比較すると、より丁寧で、きめ細かいサポートをしてくれます。

しかし、対応しているエリアが全国ではなく、一都二県(東京都・神奈川県・埼玉県)に特化しているため、その他の都道府県の方にはハードルが高くなっています。

そのため、キャリサポ保育としか取引していない一都二県のレア求人もあるため、該当地域に住んでいる保育士さんなら、登録するだけでもかなりお得です。

キャリサポ保育の公式サイトはコチラをタップ