保育

【5歳児製作】紙コップで遊べるおもちゃおすすめ5選!簡単にできて材料費もかからない!


スポンサーリンク

こんにちは。

保育心理士のユウです。

保育園で制作によく使われる材料に紙コップがあります。

材料費もあまりかからないので制作の材料として最適だと思います。

小さい子どもなら紙コップを使って子どもたち手作りおもちゃを保育士が作ってあげるのもいいと思います。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
5歳児になるとみんなで同じものを作るのもいいし 子どもたちが自分で工夫して制作するのもいいですね!

飾り物もいいですが、自分で作った制作での「遊べるおもちゃ作り」は子どもたちが喜ぶと思います。

スポンサーリンク

【5歳児製作】紙コップで遊べるおもちゃおすすめ5選

5歳児 制作 紙コップ

・紙コップでけん玉づくり


紙コップに絵を描きます。のりで紙を貼ってもいいです。セロテープで糸をつけます。
その先に新聞紙を丸めたものをボールにして付けます。けん玉のようにコップの中に新聞を入れて遊ぶと遊べるおもちゃができて盛り上がります。

・紙コップの中からお化け

紙コップにストローが通る穴をあけます。ストローを通したら内側のストローにビニール袋をつけます。息を吹くとビニールが膨らむのでペンや紙を使って好きな顔を作ります。
傘の袋を使うと長い人形が出てくる楽しいおもちゃになりますよ。

・紙コップでマラカスづくり

紙コップの中にビーズや石や鈴、種などを入れてもう一つのコップでふたをしてテープで止めます。

5歳児になると自分で止める事ができますね。楽器遊びに使うと合奏が楽しくなります。

・紙コップを使ってロケットづくり

空を飛ぶものやカエル、ウサギなどの絵を描いてコップを逆さにして制作します。

絵を描いた方のコップの下にゴムを取り付けます。

もう一つのコップに重ねるとゴムの力で飛んでいきます。何度も繰り返したい楽しいおもちゃになります。

・紙コップを使って動物園づくり

決まりはなく子どもたちに工夫してもらって紙コップを使った動物園などを作ります。

テーマを共有して自由に作る事で個性的な作品ができると思います。

スポンサーリンク

5歳児製作のねらいは?

5歳児 制作 紙コップ
5歳児の製作のねらいで大切な事を考えてみたいと思います。

・子ども1人1人の思いを形にし、表現する楽しさを知る事
・子どもが表現した制作を認めて子どもに自信をもたせてあげるようにすること
・友達とイメージを共有して遊びを広げていくこと

5歳児は子どもたちみんなで協力して同じものを作るということが楽しめる年齢だと思います。

園庭やお散歩で拾った自然物を拾う事が良くありますよね。

制作のイメージを膨らましている子どもたちの心を保育士はくみ取ってあげられるといいですね。

遊んでいる子どもの様子を見て、ヒントをもらい保育に活かすことで子どもにも大人にも忘れられないいい思い出になるのではないでしょうか。

紙コップや紙皿などの子どもが作りたい遊べるおもちゃなどのアイデアが浮かびやすい素材を積極的に取り入れると楽しいですね。

スポンサーリンク

5歳児が製作を面白いと感じる導入方法や環境設定のポイントは?

5歳児 制作 紙コップ
5歳児が製作を面白いと感じる導入方法や環境設定のポイントをお伝えします。

例えば「紙コップを使ってみんなで自由に制作をして動物園を作ってみよう」というテーマを決めます。

保育士は動物園を作ってその後にどのような遊びをするかを子どもたちと一緒に考えるたり想像しておきます。

新人保育士
新人保育士
子どもにそのままを伝えてしまっては、大人が考えた遊びになってしまいますね!

保育士の頭の中はそのような思いでいいのですが、制作する前に子どもがワクワクさせるような導入が必要になってきます。

導入のやり方で子どもたちの体験することが変わってきます。

新人保育士
新人保育士
先に動物の入る「おり」だけ作っておくとか 山の絵を書いておいて壁に貼っておくなどの環境設定で子どもたちを引きつけていけたら良いですね!

制作後に遊びに発展していくような関わりがとても大切になってくると思います。

動物園のガイドさん役になって動物園ごっこなどに発展できたら自分の作品の紹介なども出来て自信にもつながると思います。

このように友達と一緒に遊べるおもちゃや作りなどを通して友達と相談しあったり助け合ったりするという経験が5歳児の制作のポイントですね。

【まとめ】

5歳児 制作 紙コップ
5歳児の製作は保育士の手を借りることなく進められるようになってきます。

それだけではなく子どもの発想が、いいものを作るきっかけになる事がたくさんあるので、子どもの思いを大切にしながら製作をしていきたいですね。

  • 保育園で制作によく使われる材料の紙コップ。
  • 紙コップの中からお化けがでてきた
  • 友達とイメージを共有して遊びを広げていくこと
  • 友達と一緒に楽しむことや友達と相談しあったり助け合ったりするという経験がポイント

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

それでは今回はこのへんで失礼します。


スポンサーリンク