保育

【0歳児】発表会の曲おすすめ5選!衣装のポイントを現役保育士が紹介!


スポンサーリンク

こんにちは!

保育心理士のユウです。

今回は0歳児さんの発表会のおすすめの曲とその曲に合った衣装を紹介します。

どんな仕草をしていてもその一つ一つが可愛らしくて仕方がない!!もう食べちゃいたい!なんて表現されることがありますが本当によく分かります。

その可愛らしさを更に引き出せるように衣装が邪魔な物になる事だけは避けたいですよね。

新人保育士
新人保育士
例えば、サイズが合わずにズルズル脱げてしまう物や被ったら顔が隠れてしまう帽子など。

子どもたちが喜んで身に着けてくれる衣装を是非作ってあげてください。

新人保育士
新人保育士
それには試作品を作り試着を重ねて微調整していく作業が絶対的に必要だと思います。

手間は掛かるかもしれませんが納得してから人数分の大量生産をした方が効率も良いと思います。

とは言ってもクラスの人数が多い保育園などでは一から全部手作りしていたら大変ですので予算もあると思いますが今は100円ショップなどで手軽に手に入るものもたくさんありますし既製品を上手く利用してアレンジすると良いと思います。

また、月齢差、個人差の大きい0歳児さんなので丈の長さなど後からでも調整が利くような作りに出来ると便利ですね。

そして、発表会当日までに経験がどう展開していくか、どうすれば次につながるかをなど、日々の保育の中で少しずつ進めていけるように、見通しをもって取り組むのが大事ですね。

■参考■子ども自身の意図を受け止められる保育者になれるのはこちら!

スポンサーリンク

0歳児の発表会のおすすめ曲を現役保育士が5つ紹介

0歳児 発表会 曲
では、実際に0歳児クラスで子どもたちや保護者から反応の良かったおすすめの曲を紹介します。

①「どんないろがすき」


馴染みのある曲ですね。

子どもたちの衣装を曲に出て来るクレヨンの色で分けます。

上下その色の服を着ます。(園の方針もあると思いますが、保護者に依頼しても良いですね。)

洋服と同じ色のとんがり防止を被れば可愛いクレヨンさんになります。

②「トントントマトちゃん」


曲は短いですが可愛らしさがぎゅっと詰まった曲だと思います。

曲の歌詞やリズムに合わせて0歳児さんでも身体を動かせると思います。

全身赤の衣装を準備しましょう。バルーンキュロットのような物を履くと雰囲気出ますね。

赤のカラー帽子を逆向きに被り頭のてっぺんにトマトのへたをつけたら完成です!

③「ぴよピヨ行進曲」


運動会の入場曲などで使われることも多い曲ですが発表会にもおすすめです!

ゆったりとしたリズムで動きやすいですね。ひよこをイメージした衣装を用意しましょう。

クレープ紙や不織布でベストや裾の膨らんだワンピースなども良さそうですね。

④「ハッピージャムジャム」


0歳児さんにはアップテンポの曲調ですが喜んで身体を動かす子や高月齢児の多いクラスにはおすすめです!

衣装は何かをイメージするよりはカラフルな賑やかな感じが良いのではないでしょうか。

みんなでドット柄やボーダー柄を揃えて着るなども参考にしてみてください。

⑤「北の国から」

発表会がクリスマスシーズンという保育園におすすめです。

ゆったりとした曲調です。歌詞に合わせて鈴を持って鳴らせたらそれも良いですね。

サンタクロースをイメージした衣装を作りましょう!

赤いマントのような物や、てっぺんに白いボンボンを付けた帽子、腰に黒いベルトを巻くなどで雰囲気がでますね。

可愛らしいサンタさん姿に保護者の方が喜んでいました。

スポンサーリンク

0歳児の発表会の衣装の選びや制作のポイントを現役保育士が紹介

0歳児 発表会 衣装 制作
衣装選びのポイントは先にも書きましたが、やはり子どもの邪魔にならない物にしてあげたいですね。

保護者
保護者
見た目はかわいいけれどなんだか着心地が悪いと発表会を楽しめずに終わってしまいます。

そのようなことがないようにするためにも早めに作り練習の際にも着用して慣れさせる事も大事かと思います。

どうしても中には衣装を着ることを抵抗する子もいると思いますので無理やり着せるのではなくお友だちが喜んで着て楽しむ姿を見せるなどの余裕が持てると良いですね。

また、衣装だけではなく小道具なども使う場合はそこから慣れさせるのも良いかと思います。

では衣装を選ぶ際ですが押さえて欲しいポイントは「手作り」「着やすさ(着せやすさ)」「軽くて動きやすい」です。

・手作り
・着やすさ(着せやすさ)
・軽くて動きやすい

まず、「手作り」についてですがやはりあたたかさがありますよね。

いつも我が子を見てくれている保育士さんが手作りで作ってくれた衣装を嫌がる保護者はまずいないと思います。

既製品などを上手く利用しつつ手作り感を出すことが出来たら良いと思います。

次に「着やすさ(着せやすさ)」です。

準備に手間取ってしまうと子どもたちが飽きてしまったり、衣装がどんなにかわいくても煩わしさから拒んでしまったりといった事態に成りかねません。

着用した後のことだけではなく着せる時のことも頭に置いておきましょう。

次に「軽くて動きやすい」です。衣装が重くてはいつも通り動けません。

可愛らしい姿を見て頂く発表会なので動きの妨げにならないように注意しましょう。

以上のポイントを衣装作りの参考にしてみてはいかがでしょうか。

0歳児の発表会おすすめ曲はどれもリズムが取りやすいもの!

0歳児 発表会
今回は発表会のおすすめ曲と衣装についてお話しました。

曲は様々なジャンルからおすすめしたと思います。

一見、0歳児さんにはどうなのかな…と思われる曲もあったかと思いますが繰り返し聴くことで耳慣れして馴染んでしまうのが子どもの力なのですね!

子どもたちと曲を聴いてみて良い反応があれば候補に残すべきだと考えます。

また、衣装についても子どもたちのやってみたい!着てみたい!という小さな意欲を引き出せるような物に仕上げたいですね。

参考にしてみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。


スポンサーリンク