保育

0歳児の発表会で手遊びと絵本のおすすめ5つ!現役保育士も実践して子どもの笑顔が弾けとぶ!


スポンサーリンク

こんにちは!

保育心理士のユウです。

今回は0歳児の発表会についてです。

月齢差、個人差が非常に大きいので受け持ったクラスの月齢や人数、子どもたちの様子に合わせてアレンジや微調整は必要です。

そして、発表会には大きく分けて2つの考え方があると思います。

これは0歳児クラスだけに限りませんが発表するものがどのように選ばれるかです。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
普段の遊びや慣れ親しんだ物(歌、曲、物語など)からなのか、園全体や学年などで決まったテーマに合わせて選んぶものなのか。

これによって取り組み方がだいぶ変わってきます。

年齢が小さければ小さいほど普段の遊びや慣れ親しんだ物から選ぶ方が子どもたちの反応が良いのは言うまでもないと思います。

テーマに沿って選ぶ場合もこの事がヒントになります。

そこで今回は0歳児発表会で現役保育士が実際に使って子どもが楽しく、笑顔が弾けとんだ手遊びと絵本を独自目線で紹介します。

スポンサーリンク

0歳児の発表会でベテラン保育士がすすめる手遊び5選!


初めて0歳児担任なったり、長く0歳児クラス担任してネタがマンネリしたり、発表会のアイデアがなかなか考えても相談しても思いつかないこともありますよね。

リーダー保育士
リーダー保育士
では、実際に私が0歳児クラスの発表会で使った手遊びの中から反応が良かった物をご紹介してみたいと思います。

①「まあるいたまご」

たまごが割れて中から何が出て来るかな~と連想して楽しむ手遊びです。

小さい0歳児さんでも両手でたまごの形意外と作れます!

ひよこや怪獣などバリエーションを変えてたのしみたいですね。

②「わにのかぞく」

わにのお父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん、赤ちゃんと登場人物に合わせた動きを楽しむ手遊びです。

ゆったりとしたテンポが0歳児さんによく合い動きが大きいので見る側からも動きが分かりやすいと思います。

③「あたま・かた・ひざ・ポン」

名前の通り身体の部位を触っていく手遊びです。

リズムやテンポを変えて楽しむのも良いかと思います。

色々な身体の部位を入れてこんなの知っていたんだ~と見ている保護者も楽しめます!

④「ミックスジュース」

こちらは果物や野菜を顔の部位に合わせていく手遊びです。

こちらもゆったりしたテンポから始まるので0歳児さんに向いていると思います。

⑤「ころころたまご」

月齢の高めなクラスにおすすめです。手の動きが他の物に比べると多いです。

たまごをよしよしする仕草が可愛らしいと保護者の方から人気でした。

最後にニワトリになり切ってみんなで『コケコッコー』と言えたら大成功です。

どんな発表の環境構成にするかによって魅せ方が変わってくるので子どもたちが取り組みやすいように配慮してみてください。

スポンサーリンク

0歳児の発表会の導入で使えるベテラン保育士がすすめる絵本5選!


次に導入で使えそうな絵本をご紹介します。

黙って読み聞かせを聞くというのは0歳児さんにはちょっと難しいですよね。

発表会なんて特別な日はいつもと雰囲気も違いますし落ち着かなくて当然です。

それならばリラックス出来る方が良いのではないでしょうか。

「参加型絵本」がおすすめです!

①「だるまさんが」

シリーズ。子どもたちにとっても人気ですね。

繰り返し言葉と分かりやすい体の動きで言葉も動作もまねしやすいです!

②「くっついた」

次々に出て来る動物同士がくっついていきます。

『くっついた』というフレーズをまねしたりお隣のお友だちと頬をくっつけたりして楽しめます。

③「もこもこもこ」

読み手に練習が必要ですが子どもたちの反応を見ながらどのテンポ、リズムが合っているのか分かるととても良い空気感が出ます。

ある意味難易度が高くなるかもしれませんがアレンジ次第だと思います。

④「いないいないばぁ」

あそびからくり絵本です。0歳児さんお得意の『いないいないばあっ!』の手振りが何と言っても可愛らしいですね。

声に出して言える子もいると思います。みんなで楽しめる絵本です。

⑤「じゃあじゃあびりびり」

音と絵が分かりやすいので聴覚からも視覚からも楽しめる絵本です。

子どもたちの興味津々が詰まっています。子どもたちの反応が良い事は言うまでもありません。

一度読んでみてもらえば感じるものがあると思います!

以上、5冊を紹介してみました。

全国の保育士が発表会で悩むのは内容でしょう。

今回紹介した絵本を参考にアレンジを加えるものいいですね。

とにかく共通しているのは音で楽しめる事です。

ちなみに、0歳児が喜ぶ絵本に関しては保育園でも絵本はありますが、自分が使いたい時に使えないこともあるので自分が使いやすい絵本を5、6冊は手元に持っておくと便利ですよ!

<参考>絵本のネタが増える!子供に慕われる保育士さんが持つべき絵本はこちら▼

スポンサーリンク

0歳児の発表会のねらいやアイデア元を保育士が詳しく紹介!

では、0歳児の発表会のねらいについて考えてみましょう。

新人保育士
新人保育士
まだまだ小さい0歳児さんですがもう表現すると言う行動、行為がありますね。

それはのちに「やってみたい!」という意欲になります。

その意欲の芽生えの時期です。

様々な音やリズムに触れて手足や身体を動かす楽しさを味わいましょう。

そこで保育者が関わり気持ちを受け止め、語り掛けたり歌い掛けたりすることが大事です。

主任保育士
主任保育士
ねらいとしては「保育者と一緒に絵本の世界を楽しむ」「保育者と一緒にリズム遊びや模倣遊びを楽しむ」など普段の生活や、遊びのねらいと変わらなくて良いと思います。

アイデアに困らないように日頃からたくさん絵本の読み聞かせをしたり様々な曲を子どもたちと聞いたりして反応を観察しておくことが1番かと思います。

また、発表会では衣装を付けることになる園がほとんどだと思いますが0歳児さんには衣装なんて馴染みがあるわけがないので嫌がってしまう子も多いかと思います。

普段の遊びの中で洋服以外の物を身に着けて遊んでおくと良いかもしれません。

主任保育士
主任保育士
例えば、おままごとをする際にエプロンや三角巾をしたり、新聞紙遊びでブレスレットや時計、動物の耳を作って付けたりすることなどで衣装への抵抗を抑えられることもあると思います。

まとめ


今回は0歳児さんの発表会についてお話しました。

やはり0歳児さんはまだ「発表会」のために何かに取り組むということは無理があるので、普段の生活や遊びの延長線上から発表する内容を考えることが不可欠だと思います。

それに0歳児クラスということもあり、発表会などは泣いてしまうこともありますし、あまりにも泣く子が多いなら親子参加も考えるもの必要でしょう。

慣れ親しんだ絵本や曲で楽しむ可愛らしい姿を是非見て頂きたいですね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

それでは今回はこのへんで失礼します。


スポンサーリンク