保育

保育園の怪我を保護者対応でお詫びする3ステップ!報告や保険は適応される?


スポンサーリンク

こんにちは!

保育心理士のユウです。

保育園では、毎日様々な気を配って子ども達を見ていますが、そこで特に保育士が気を付けていることの中の一つが、怪我についてではないでしょうか。

リーダー保育士
リーダー保育士
安全に過ごせるよう配慮していて、大きな怪我は免れたとしても、擦り傷などの小さな怪我は、必ず対応することになります!

そして、どんなに小さな怪我であっても、保護者にはお詫び報告が必要です。

また、万が一大きな怪我が起こってしまった場合の保険適応について、保育士はどのくらい理解しているでしょうか。

マニュアルが用意されていれば、それを確認するに越したことはありませんが、そこに載っていないことや認識不足なこともきっとあるでしょう。

今回は、保護者対応を含め、保育園での怪我のことについて紹介していきます。

保育園での怪我のお詫びの仕方は3ステップ!

保育園 怪我 お詫び
どんなに気を付けてみていても、子どもに怪我は付き物です。

しかし、だからといって、何も言わずに保護者の元へ帰してしまうなんてことがあってはいけませんよね。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
子どもが保育中に怪我をしてしまったのであれば、必ず謝罪と報告は必要です!

その中でも、ここではお詫びの仕方について考えていきたいと思います。

①どうして怪我に繋がったのか

保育中に子どもから目を離さないように、というのは、保育士であれば誰もが心掛けていることでしょう。

しかし、気を付けていても、保育室にいる子ども全員を一日中完璧にみていることは、残念ながら不可能です。

様々な事情によって、保育士の目が離れてしまう瞬間は、必ず存在します。

また、みていたとしても、子どもの動きは予想の付かないことやとても素早いことがあるので、対応しきれないこともあります。

主任保育士
主任保育士
そこから怪我に繋がってしまったのであれば、先ずはその理由を必ず保護者にも伝えましょう

場合によっては、言い訳に聞こえてしまうかもしれません。

しかし、隠したり嘘をついたりするよりも、自分の非を認め、謝罪することがここでは大切です。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
慎重に言葉を選びながら、伝えられるようにしてください!

②怪我の状態はどうなのか

怪我をしたときの状況は、①から伝えられると思います。

その次に伝えるべきなのは、怪我の状態です。

リーダー保育士
リーダー保育士
どこをどんな風に怪我してしまったのか、それに対してどのような処置をしたのかということを、的確に伝えましょう!

こちらが申し訳なく思っていても、怪我の場所が間違っていたり、その後の処置がされていなかったりすれば、保護者から適当だと思われても仕方ありません。

適当な対応では、お詫びも言葉だけで何の意味もないものになってしまいます。

間違いのないよう伝えていきましょう。

③今後の対策について

状況などを伝え、お詫びのお言葉も伝えることができたら、今後の対策についても触れていきましょう。

目を離していたことが原因であれば、「今後は他の保育士とも連携を深めながら、さらに気を付けてみていきます」という一言が加わるだけで、だいぶ印象も違いますよね。

お詫びをしても、同じことを繰り返してしまったら意味がありません。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
起こってしまったことに対し、次にどうしていくのかということが大切です

その部分を明確に伝えることで、保護者の安心感も違うと思いますし、言葉に出して伝えると自分の中でもより意識が高まりますので、お詫びの最後に今後のことを一言付け加えてみてください。

スポンサーリンク

保育園での怪我の報告の仕方

保育園 怪我 報告
怪我の報告をするにあたって気を付けなければならないことは、保護者に怪我をしたときの状況・怪我の状態をできるだけ詳しく、わかりやすく伝えることです。

主任保育士
主任保育士
ただ「転んで怪我をしました」と伝えるのと、「園庭で遊んでいる際に転んでしまい、右膝をすりむいてしまいました。少し出血もあり、水洗いと消毒をして絆創膏を貼りました」と伝えるのとでは、大きく違いますよね

前者は、怪我をした事実だけを伝えていて、どこで何が起こって怪我に繋がったのかということが、まったくわかりません。

特に年齢が小さい子どもであれば、自分の言葉で伝えることもできませんし、保護者からすれば、知らない内に怪我をしていたという不安や園や担任への不信感にも繋がります。

中には、「こんな小さな怪我のときは(連絡しなくて)良いですよ」と言ってくれる方もいますが、先ずは小さな怪我でも担任から保護者へ細かく伝える習慣を付けましょう。

そして、伝える際には担任ができるだけ直接伝えるよう心掛けてください。

連絡帳での言葉のみでは、伝わりきらない部分があります。

リーダー保育士
リーダー保育士
直接伝えることができない場合には、電話での報告を検討してみてくださいね!

もしも、特に異常はないけれど、頭を打つなどの怪我があった場合には、上の内容に加え、帰宅後も家での様子を気を付けてみてほしいという旨を伝え、翌日以降の家庭との連絡を密に行っていくことが必要となります。

他にも、友だちとのトラブルや特定の子からの噛み付きなどでの怪我が起こる場合もありますよね。

そのような場合には、特に注意深く丁寧に報告をしなければいけません。

怪我をした側の子には、当然怪我の状況などを伝えてください。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
その際に、相手の名前を伝えるかどうかは、園の方針やその相手とのトラブルの回数、保護者の雰囲気や子どもの年齢など、様々なことを加味して判断しなければなりません

怪我をさせてしまった子の保護者への連絡は、行わない園が多いですが、あまりに回数が多い場合などは、全く伝えないというのも問題です。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
判断に悩む場合には、一人で抱え込まず、連絡をする前に一度先輩や園長先生に相談してみましょう

園での怪我は、ある程度は仕方のないことだと認識してくれている保護者の方がほとんどですが、その報告の仕方一つで信用を失ってしまうかもしれません。

安心して子どもを預けてもらえるよう、誠意をもって対応しましょう。

スポンサーリンク

保育園での怪我に保険は適応される?

保育園 怪我 保険
もしも保育園で、頭を打って嘔吐などの症状が出てしまったり、骨折が疑われる等の大きな怪我をしてしまったりということがあった場合、子どもを直ぐに病院へ連れていくことがあります。

また、そこまで大きな怪我でなくとも、眼や頭の怪我があれば、保護者の判断で病院へと連れていくこともあるでしょう。

そのような場合、保護者からすると子どもの心配はもちろんのこと、診察費や治療費などの金銭面の心配も出てきますよね。

主任保育士
主任保育士
そのようなときに、思い浮かぶのが保険のことだと思いますが、保育園での怪我には、保険が適応される場合とされない場合があります

ほとんどの保育園では、独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度に加入しているのです。

保護者の方にも、この保険に関する書類が入園時に配布され、加入への同意を求められているでしょう。

この保険は、保育園と保護者の両者が掛け金を負担することで成り立っています。

しかし、掛け金が保育料など他のお金と一緒に徴収されているために、このことをあまり意識していない方もいるので、保育士側もこのような保険があるということをしっかりと知っておく必要があるように感じます。

さて、ここまでは、保育園での保険がどのような物なのかについてでしたが、実際にどのように手続きがされるのかについても、触れておきましょう。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
保護者が病院へと連れて行った場合、診察代や治療費は一旦通常通り支払ってもらってください

『子ども医療費受給者証』を使っても良いとされていることもありますが、自治体によっては、この制度と併用できないこともあるため、その点については事前に調べておかなければなりません。

保険が使える場合には、『医療費等の状況』の書類を保育園から保護者に渡し、病院で記入してもらいます。

そして、領収書を添えて保育園に提出してもらうことで、怪我をした子どもの家庭に、医療費の4割が給付される仕組みとなります。

ただし、この保険が適応されるには、初診から治癒までの医療費の総額が5,000円を超えていることが条件となりますので、注意が必要です。

万が一、子どもが怪我をしてしまい、保護者の方から保険について尋ねられたときに対応できるよう、災害共済給付制度について、保育士もある程度は理解しておきたいですね。

スポンサーリンク

保育園での怪我の保護者対応マニュアルについて

保育園 怪我 保護者対応マニュアル
保育士の皆さんは、園内のマニュアルに、目を通したことはあるでしょうか。

多くの場合は、先輩から口頭で教えられ、それを実践していく形で覚えていくかと思います。

書類作成などは、その都度マニュアルを確認することもあるかもしれませんね。

しかし、怪我でのことについてはどうでしょうか。

そんなマニュアルは見たことがない、という方も、事務室などに怪我や病気についての対応が張り出されていることはありませんか?

中には、園内での事故やけがについてのマニュアルが、ネット上に公開されている園もあります。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
そこには、怪我をしたときの保育士の動き方、他の子どもへの配慮、保護者への連絡の仕方が細かく書かれていることが多いです

保護者に対し、謝罪や報告をすることは当たり前ですが、特に大きな怪我の場合には、どのタイミングで連絡を入れるかということに迷いが生じることもあるでしょう。

多くの場合は、

・緊急なら、救急車を呼んで待っている間に担任から保護者へ連絡し、子どもの状態とかかりつけの病院を確認する。
・緊急ではないが、病院へ行く必要性があるときは、すぐに保護者に連絡して、保育園と保護者どちらが病院へ連れていくか確認する。

とあります。

病院を利用する程の怪我となると、保育士も動揺するかとは思います。

しかし、それで焦ってしまっては、大切なことを見落としたり保護者の不安を煽ったりすることになるかもしれません。

保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
生身の人間が相手ですので、全てがマニュアル通りにできるとは限りませんが、事前に何度も確認をして、万が一のときにはそれを基盤に、冷静に対応できるようにしておく必要はあります
保育心理士 ユウ
保育心理士 ユウ
そして、もしもそのときに当事者ではなく、周りにいる側であるならば、その知識で担任の保育士をしっかりとサポートしてあげてください

保育園での怪我のお詫びの仕方は3ステップで信頼をなくさないようにしょう!

保育園 怪我 お詫び
起こってしまったことを、変えることはできません。

その後の処置や報告などを、適切に行うように心掛けましょう。

・お詫びは、原因→内容→対策の順に伝える
・怪我の報告は細かく丁寧に
・必ず直接もしくは電話で伝える
・ほとんどの保育園は災害共済給付制度に加入している
・保険が適応されるのは医療費の総額が5,000円以上の場合のみ
・マニュアルは日頃から確認しておく
・マニュアルはあくまで基盤。臨機応変に適切な対応を

子どもに怪我は付き物ですが、安心して安全に過ごせる場所として、日頃から細心の注意をしていきたいですね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

今回はこのへんで失礼します。


スポンサーリンク